投稿

コミュニティ・スクール横断幕

イメージ
 コミュニティ・スクールの「めざす子ども象」や「7つのプロジェクト」を記した横断幕が正面玄関近くに掲示されています。校訓の「明るく 仲よく たくましく」や岩田小学校のイメージキャラクター「いわたん」が7つのプロジェクトテーマを表現しているイラストなどが描かれています。岩田小学校の新しいシンボルです。来校時にはぜひご覧ください。

どろんこ会

イメージ
6月28日(水)に5年生が田んぼを使って「どろんこ会」を行いました。田んぼは地域の方々が用意してくださいました。子ども達が計画した「宝さがし」「ドッジボール」「バナナおにごっこ」などをどろんこになりながら楽しみました。顔や体を洗う水なども地域の方々が用意してくださり、子ども達の活動を見守ってくださいました。田んぼの感触を肌で感じながら、泥と水にまみれて楽しい時間を過ごすことができました。

埋蔵文化センターの方々による歴史教室

イメージ
6月30日(木)に埋蔵文化センターの方々をお招きし、古代の遺跡や古墳などについて学ぶ「歴史教室」を行いました。社会科の学習で日本の歴史について学び始めた6年生にとって、興味深い内容でした。遺跡から掘り起こされたものをスライドで紹介して頂いたり、レプリカを触らせて頂いたりすることで、実感を伴った学びとなりました。また、本校近辺の遺跡や古墳も紹介して頂き、歴史が身近に感じられました。歴史に興味関心をもたせるきっかけになればと思います。

生き物の飼い方教室

イメージ
 6月30日(木)に、ゲストティーチャーとして光市内で「は虫類専門のペットショップ」を経営されておられる坂根さんに来校していただき、「生き物の飼い方教室」を行いました。おおぞら学級の子ども達は生き物が大好きで、カメやトカゲ、ヘビなどを教室で飼育しています。しかし、お世話をしても死んでしまうことが多く、「生き物を死なせないようにするにはどのように飼育すればいいのか?」という課題が生まれてきました。そこで、専門的な知識をもった方をお招きし、このような授業を行うこととなりました。温度管理やえさや水の与え方など知らなかったことをたくさん教えていただきました。また、珍しいトカゲやヘビなどとふれあう機会もつくっていただき、子ども達はとても喜んでいました。子どもの切実感のある課題が豊かな学びをつくりだした時間となりました。

短歌教室

イメージ
 6月28日(火)に短歌教室がありました。地域の短歌愛好家の方々が来校され、ゲストティーチャーとして6年生に指導してくださいました。日常にある何気ない心に残ったことなどをメモとして整理し、短歌の材料を探すことから始めました。ゲストティーチャーにアドバイスをいただきながら一人ひとりの名作?ができあがると、それぞれ紹介し合いました。子どもの感性ならではの作品がたくさんできあがりました。

まほろばの集い

イメージ
6月24日(金)に5年生が近隣の3つの小学校の子ども達と一緒にバスでスポーツ交流村へ行き「まほろばの集い」を行いました。本来はマリンスポーツをいくつか体験する予定でしたが、強風のためクルージングのみとなり残念そうでしたが、ロープワークなどに取り組み、自分だけの作品を完成させることができました。また、体育館でのAFPYやニュースポーツ体験では他校の子ども達と「勝つためにはどうすればいいか?」など、話し合いながら楽しむことができました。とても意味のある交流の時間となりました。

バナナ園の見学

イメージ
6月24日(金)に3年生の子ども達が校区内にある「バナナ園」の見学に行きました。県内でバナナの栽培をしている所はここ以外にはほとんどありません。光市の新たな名物として「ひかりバナナ」 として販売されています。子どもたちはバナナの大きな花にびっくりしたり、バナナが育つまでの工夫や苦労などについて話を聞いたりしました。地域の方の思いを肌で感じることでいい学びとなりました。